Q8 なぜ会計監査でマンションの資産価値が上がるのですか?

「マンションは管理を買え!」なんていう格言があるほど、マンション生活においては管理状況が重要です。そして、マンションの管理状況は決算書に数値としても表れてきます。例えば、「築年数に見合った修繕資金が貯えられているか」、「管理費や修繕積立金の滞納がどれほどあるか」など。

ここで、監査法人による会計監査が導入されていれば、そのマンションの管理状況に一定の保証を与えることができます。

また、あなたがマンションを売ろうとする時には、それを購入しようと考えている人もマンションの管理状況を気にかけています。そして多くの場合、決算書の閲覧を求め、管理状況を確認します。

しかし、多額の資金を有するマンション管理の不正は後を絶たず、購入者は決算書を素直に信用できません。

このとき、あなたのマンションの決算書に「監査法人(プロ)の監査報告書」が付いていれば、購入者は決算書を信用でき、監査報告書が付いていない近隣のマンションに比べて、安心してあなたのマンションを購入できるのです。このように、管理状況に一定の安心を担保することで中古市場での流通性を高め、資産価値を維持・向上させることができるのです。

Q&Aトップへ

メールでお問い合わせ 電話でのお問い合わせ よくあるご質問