資産価値を高める

マンションの資産価値を決定する重要なポイントとして、管理の状態があげられます。
管理の状態がよければ、そのマンションの資産価値は高い状態に維持されます。管理の状態を示すものとして「管理組合決算書」がありますが、その決算書に不正があったらどうでしょうか?

たとえば、「決算書には預金残高2億円と書いてあり、組合員の皆さんは『次の修繕工事は資金的に心配ない』と思っていたのに、一瞬の魔がさした理事長さんに着服されて、実際はもう5百万円も預金が残っていなかった」なんてことになったとしたら。

これからもマンションに住み続ける人は、この先、百万円以上の修繕積立金を一括で払うことになるかもしれません。また、マンションを売却しようと思っている人は、売りたい価格でマンションを売ることが出来るでしょうか?

管理の状態を調べるためにチェックする決算書のポイントとして、「長期の修繕計画に見合った修繕積立金が積み立てられているか」「長期間管理費や修繕積立金を滞納している住民はいないか」などがありますが、

管理組合の出す決算書が監査のプロである才和監査法人の監査を受けていれば、決算書の信頼性は高まり、マンション住民の安心を担保することが出来ます。

また、あなたがお住まいのマンションを購入したいと思う人は、決算書に「第三者のプロの監査報告書」があることで安心してマンションを購入することができるのです。プロの監査報告書が付いていない近隣のマンションに比べて、あなたのマンション価値は高くなるでしょう。

メールでお問い合わせ 電話でのお問い合わせ よくあるご質問