会計監査とは

監査のプロである才和監査法人が組合決算書を監査することになれば、不正をしてもすぐにばれてしまうので、犯罪予備軍の不正を事前に防止することができます。

また、たいていの不正は一瞬の迷いから始まる小さなものです。しかし、誰にもばれずに時間が過ぎることでエスカレートし、最後には取り返しのつかない巨額の損失へとつながってしまいます。

プロの監査人が厳しい目で監査をすることで、例え不正が起こったとしても初期の段階で不正を発見し、被害を最小限に抑えることができるのです。

管理組合の理事や監事は、マンションの住民である組合員から選出されています。そのため監事は、同じマンションの住民である理事などと波風を立てたくないために、不正があっても指摘しにくいという"しがらみ"もあります。

その点、管理会社や管理組合とは完全に独立した公正中立な立場(第三者)である監査法人は、しがらみがなく厳粛に不正を指摘できるのです。

メールでお問い合わせ 電話でのお問い合わせ よくあるご質問