メッセージ

2011年3月11日、東日本が恐怖に襲われた大震災が起こりました。
生まれて初めて体感した大地震で、私も恐怖に慄きました。

私の住むマンションでは耐震診断を受けて、これから修繕工事が行われようとしています。

そんな中でも、マンション管理組合の財産を狙った不正が後を絶ちません。
組合役員、管理会社従業員による管理費などの着服事件です。

「もういいかげんにして欲しい!」

もし、毎月払い続けてきた管理費や修繕積立金がなくなってしまったら、
なくなったお金を一時に拠出しなければならないと言われたら、
あなたはご家族の生活をこれまで通りに守ることができるでしょうか?

日本は高齢化社会です。
若い人なら「これから頑張ればいい」と言えるかもしれません。
でも、年金だけが収入源だという高齢者はどうでしょう。

マンションは共同生活の場です。
そのため、共用部の管理は管理会社に委託します。
また、経年劣化による修繕工事も定期的に必要になります。

それなのに、あなたの大切な管理費や修繕積立金は
今も犯罪(予備)者に狙われ続けているのです。

あなたはこの事実を知った今でも、不正を犯そうとする
組合役員や管理会社従業員を放っておけますか?

1戸当たり1日数円の安い費用で、是非、プロの会計監査を導入してください。

プロの目が入れば、
犯罪(予備)者もそのマンションには手が出せません。
例え着服が行われてもすぐに発見されるため、被害を最小限に抑えることができます。

もう、あると思っていた管理費などが突然なくなり、そのために
「ご家族の生活を守れない」なんて心配はなくなります。

もしまだ、あなたのマンションにプロの会計監査が導入されていなければ、
もし、あなたとご家族が安心できる生活を本当に守りたいと思うのであれば、
とりあえず、弊法人にお声を掛けてみてください。

管理費着服問題の根本的解決は、組合内部や管理会社ではできません。
また、数多くのマンション管理組合の監査を行っている監査法人はほとんどありません。

マンション管理業界に詳しく、マンション管理組合の監査経験が豊富な
弊法人に、まずはご相談ください。
守秘義務厳守、相談料は一切頂きません。完全無料です。

どうか最初の一歩を踏み出してください。

あなたとご家族が安心した住生活を送り続けられるために

署名
メールでお問い合わせ 電話でのお問い合わせ よくあるご質問